断捨離

書類を断捨離する方法!捨てていい書類と残しておく書類を見分けるコツ

更新日:

「どの書類を捨てればいいのか分からない」

「いつの間にか書類が増えてて整理が追いつかない」

当記事では、簡単に書類を断捨離する方法についてご紹介します。

断捨離の本を読んでいると、「書類は基本的にすべて捨てる」と書いてある本があります。

しかし、捨ててしまうと絶対に後で困る書類もあります。

ですから、書類の断捨離をするときは、捨てても困らない書類をはっきりさせてから行うべきです。

そこでこの記事では、捨てても困らない書類と、捨ててはいけない書類をリスト化してわかりやすく紹介します。

このリストを見れば不要な書類だけを断捨離して、必要な書類だけを残すことができます。

書類の断捨離が終わるとスペースが空いて部屋がスッキリするので、ぜひ実践してみてください。




書類の断捨離するなら「とにかく最初に書類を全部出す」

書類を断捨離するときに最初にやるべきことは、書類をすべて取り出すことです。

ファイルにまとめられている書類もあれば、机の上にとりあえず置かれている書類もあると思います。

家のあちこちにある書類をぜんぶ出して、一箇所にまとめましょう。

なぜ、一箇所にまとめるのかというと、同じカテゴリーのモノは一度にまとめて断捨離するのが最も効率のいいやり方だからです。

もし、書類の置かれている場所ごとに仕分けをしていたら、いつまで経っても断捨離が終わりません。

ですから、書類の整理をダラダラやってしまわないように、家にある全ての書類を一箇所にまとめるところから始めましょう。

断捨離するべき書類リスト

捨ててもいい書類

・新聞や折り込みチラシ
・映画や旅行先のパンフレットやチケット
・名刺
・家電の取扱説明書
・ポイントカード
・クレジットカードの利用明細
・年賀状
・使用済みの通帳

新聞や折り込みチラシは捨てて困ることはありません。掃除に使うならば少しだけ残しておいてもいいでしょう。

映画や旅行先のパンフレットやチケットは残しておいても見返すことはほとんどないでしょう。思い出は記憶の中に残っているものです。いつか綺麗にスクラップしてまとめると思っている方もいるかもしれませんが、きっとこれからもスクラップしないはずなので手放してしまいましょう。

貰った名刺は必要なものだけ連絡先をメモしておくか、スマホで写真を撮っておいて捨てます。

家電の取扱説明書も必要ありません。もし分からないことがあったら、お店の人に質問するかインターネットで調べてみれば解決します。私も家電の取扱説明書をすべて捨てましたが、困ったことは今まで一度もありません。

ショップのポイントカードは、頻繁に行くお店のもの以外は捨てるべきです。よく使うわけではないのに財布に入れておくのは邪魔です。家においておくとしても、次に買い物をするときには忘れてしまうでしょう。私はよく使うTポイントカードとポンタカードだけ残して、あとは捨ててしまいました。

クレジットカードの利用明細はインターネットで確認できるので必要ありません。

年賀状も捨てて大丈夫です。もし年末に必要になるならばスキャンして保存しましょう。住所録として使用するとしても、残すのは一年分だけにしましょう。

使用済みの通帳も持っていなくても困りません。履歴はすべて銀行に保存されていますので、履歴を確認する必要ができたとしても、窓口に問い合わせると確認できます。

断捨離せずに残しておくべき書類リスト

残しておくべき重要書類は以下の通りです。

残しておくべき重要書類

  • 給与明細(2年分)
  • 源泉徴収票
  • 保険関連の書類
  • 賃貸の契約書
  • 家具・家電の保証書(有効期限内のもの)
  • 医療費の領収書

税金関係の領収書給与明細は最低限でも2年分は残しておきましょう。なぜなら、賃金請求の時効が2年だからです。2年以上前の給与明細はスキャンして捨てていいでしょう。

また、年に一度だけ発行される源泉徴収票が渡されるまでは、給与明細でしか給与の証明をすることができません。ですから、給与明細が届いてすぐに捨てるのは控えましょう。

源泉徴収票は原本でないと使えない場合がありますので、できるだけ原本で残しておきましょう。例えば、確定申告をするときには原本が必ず必要になります。

保険関連や賃貸、不動産の契約書は必ず必要です。断捨離を追求するにしても、後に困るようなことになっては本末転倒です。

家具・家電の保証書は有効期限内のものだけ残しておきましょう。有効期限が切れた保証書は即刻捨ててしまいましょう。

医療費の領収書は残しておくクセをつけましょう。なぜなら、年間の医療費が世帯で10万円を超えると、医療費控除が受け取れるケースがあるからです。控除が受け取れるかどうかは、給与収入によって変わってくるので、詳しい情報は調べてみてください。

上記の重要書類以外のものでも、人によっては残しておくべき書類があると思います。ですから、明らかに捨ててもいい書類以外は、しっかり目を通してから捨てるように気をつけてください。

おまけ:もうかさばらない!ラクする書類整理術

書類はすべて断捨離するわけにもいかないので、重要なものはある程度残すことになります。

残した書類を保管するときは、丁寧にファイリングするよりも、ひとつの引き出しにまとめて保管しておくのがいいでしょう。

なぜなら、ファイルに一枚ずつ入れるとかさばるし、自分がどれくらいの書類を所持しているのか分かるからです。

どれくらいの量の書類を所持しているかが一目で分かれば、できるだけ増やしたくないという気持ちが湧いてきます。

書類はひとつの引き出しにすべて入れておき、他の場所には一枚も置いておかないようにしましょう。

まとめ

ここまで、書類を断捨離する方法について紹介しました。

書類は気をつけていないといつのまにか増えているものですので、定期的な断捨離を心がけましょう。

書類だけではなく、様々な物を断捨離してすっきり過ごしたいという人は、次の記事を合わせてご覧ください。

断捨離が成功するコツと順番を知りたい方はこちらをご覧ください。

効率的に物を減らす方法を詳しく紹介しています。

>>>捨てる順番が重要!5ステップで誰でも成功する断捨離の方法とコツを紹介

捨てる順番が重要!5ステップで誰でも成功する断捨離の方法とコツを紹介

こちらでは、断捨離を成功させる順番とコツについてご紹介します。 「断捨離に挑戦してみたけど進まない」 「どこから断捨離していいか分からない」 そんな悩みをお持ちの方はいませんか? 持ち物がたくさんある ...

続きを見る

〜厳選おすすめ記事〜

こちらでは、断捨離を成功させる順番とコツについてご紹介します。 「断捨離に挑戦してみたけど進まない」 「どこから断捨離していいか分からない」 そんな悩みをお持ちの方はいませんか? 持ち物がたくさんある ...

「服が多すぎてクローゼットに入りきらない」 「ファッションが好きで服が捨てられない」 「床が服に埋め尽くされてしまっている」 そんな、服が捨てられないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ...

私は、一ヶ月で500冊以上の本を手放しました。 手放したのは、以下ような本たちです。 ・友人のおすすめで買って、いつか読もうと思っていた小説 ・"かつて"大好きで、何度も読み返したマンガ ・一度読んで ...

「断捨離せずに残したモノ」の中で、自信を持っておすすめできるモノを、厳選してまとめてみました。 以下の3つのポイントに当てはまるモノになります。 ・ミニマリストの私が断捨離せずに残したモノ ・失くして ...

こちらでは、断捨離を効率よくする方法をご紹介します。 「断捨離するものは決まったけど、捨てたり売ったりするのがめんどくさい!」という人はけっこう多いんですよね。 その気持ち、とっても分かります。。。 ...

-断捨離

Copyright© 断捨離で人生がラクになる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.