断捨離

手紙を思い切って捨てる方法!誰でも手紙の断捨離を成功させるコツ

更新日:

手紙はどうしても捨てられない!という方は多いのではないでしょうか。

わかります。手紙って一度捨てるともう読めなくなると思って、なかなか捨てられないですよね。

私も、以前は収納用の箱に入りきらないくらい手紙をたくさん残していました。

幼稚園のときに幼馴染と交換していた手紙、中学時代の先生から貰った手紙、かつて付き合っていた恋人から貰った手紙など、様々な人から貰った手紙を取っておいていました。

しかし、過去の思い出にまつわる手紙をたくさん残していても今を変えることができないと感じて、思い切って断捨離することにしました。

最初は手紙を捨ててしまうと、手紙をくれた人に申し訳ないと思って捨てられなかったんですが、考え方を変えたり捨て方を工夫することで、ほとんどの手紙を断捨離することができました。

この記事では、手紙を気持ちよく断捨離するコツを紹介します。

手紙が捨てられないと感じている方は、読んでいただけると嬉しいです。




手紙を断捨離するメリット

たしかに手紙は大事な思い出にまつわる場合が多いので、なかなか捨てられないモノです。

しかし、手紙は捨てることで最も今を変えられるモノの一つなんです。

なぜなら、手紙には過去の思いが詰まっているので、持っていると過去に囚われてしまうからです。

過去の思いが詰まっている手紙を手放すことで、今の自分をより大事にすることができ、生活が良い方向に向かうようになります。

例えば、かつて付き合っていた恋人にもらった手紙をいまだに持っている方は、その過去の恋人に囚われていると言えます。

そのため、かつての恋人から貰った手紙を手放すことで、囚われていた過去を清算することができ、新しい素敵な出会いに繋がりやすくなるのです。

つまり、手紙の断捨離をすることで、過去への執着心を捨て、現状をより良く変えることができます。

それでは、お次は実際に手紙を捨てるコツについて書いていきます。

手紙は捨てられないという思い込みを捨てる

なかなか手紙が捨てられない!という方は、「手紙は捨ててはいけないモノ」という思い込みがちです。

たしかに、手紙は捨ててしまったら戻ってこないモノです。

しかし、手紙を見返すことってほとんどないでしょう。

ほとんどの方は、捨てられない手紙を物置の奥などの、普段手をつけない場所にしまいこんであると思います。

日常的に見返すことのない手紙は、手放しても困ることは全くありません。

それに、手紙は受け取ったひとが読んだ時点で役割を果たしているので、残しておくべきモノではないのです。

手紙の断捨離を始める前に、「手紙は捨てられないモノ」という思い込みを改めましょう。

家にある全ての手紙を一箇所にまとめる

それでは、ここからは実際に手紙に手をつけていきます。

まず初めに、家にある全ての手紙を一箇所にまとめましょう。

引き出しの中や、押入れの箱やクリアファイルの中など、部屋のあちこちに手紙が残されてあるのではないでしょうか。

なぜ、全ての手紙を一つにまとめるのかというと、自分がどれほどの手紙を所有しているのか一目でわかるからです。

また、同じカテゴリーのモノを一度に断捨離することで、効率的に断捨離を進めることができます。

「同じカテゴリーのモノは一度にまとめて捨てる」というのは、手紙だけに限らず全てのモノの断捨離にあてはまる基本です。

家にある全ての手紙を一箇所にまとめられれば、手紙の断捨離は半分終わったと言えるほど重要なポイントなので、気合を入れて取り組みましょう。

今でも大切な人から貰った手紙だけを仕分ける

全ての手紙をまとめ終わったら、次は手紙を"とある基準"で分けていきます。

仕分ける基準というのは「今でも大切にしている人かどうか」です。

今でも付き合いのある親友や恋人、家族からの手紙はひとつの箱に入れていきます。

反対に、以前働いていた会社の同僚から貰った手紙や寄せ書き、もう疎遠になってしまった友人から貰った手紙など、今は付き合いのない人から貰った手紙はこの時点で捨ててしまいましょう。

先ほども少し書きましたが、もう付き合いのない人から貰った手紙を持っていると、過去に囚われすぎてしまうので手放すべきです。

大事な手紙も写真に撮るかスキャンしてから手放す

手紙が捨てられない理由のひとつは、捨ててしまうと書かれてある内容がもう読めなくなるからだと思います。

そこで、手紙をスマホで写真に撮ったり、スキャンしてデータとして残しておくと、捨ててもまた内容を読むことができます。

手紙の大事な部分は紙ではなく、書かれてある内容ですから、内容をまた読み返すことができればいいわけです。

ですから、大事な手紙も写真やデータという形で残しておけば、捨てても後悔することはありません。

手紙を全ては捨てられない人は5枚だけ残す

ある程度は断捨離できたけど、手紙を捨てるのは気が進まないという方は、始めに5枚まで残すことにしましょう。

最初に残す枚数を決めてしまえば、所有するモノの数をコントロールすることができます。

本当に大事な手紙は、あなたにとって必要なモノなので残しておいてもいいでしょう。

でも、モノを残しすぎるとスペースを取るし、身動きも取りにくくなってしまいます。

ですから、残しておく個数をあらかじめ決めておくことで、本当に大事なモノだけを残すことができるのです。

まとめ

さて、今回は手紙を断捨離するコツについて紹介させていただきました。

手紙を断捨離することで、過去への執着を捨てて、今をより大切にしましょう。

断捨離が成功するコツと順番を知りたい方はこちらをご覧ください。

効率的に物を減らす方法を詳しく紹介しています。

>>>捨てる順番が重要!5ステップで誰でも成功する断捨離の方法とコツを紹介

捨てる順番が重要!5ステップで誰でも成功する断捨離の方法とコツを紹介

こちらでは、断捨離を成功させる順番とコツについてご紹介します。 「断捨離に挑戦してみたけど進まない」 「どこから断捨離していいか分からない」 そんな悩みをお持ちの方はいませんか? 持ち物がたくさんある ...

続きを見る

〜厳選おすすめ記事〜

こちらでは、断捨離を成功させる順番とコツについてご紹介します。 「断捨離に挑戦してみたけど進まない」 「どこから断捨離していいか分からない」 そんな悩みをお持ちの方はいませんか? 持ち物がたくさんある ...

「服が多すぎてクローゼットに入りきらない」 「ファッションが好きで服が捨てられない」 「床が服に埋め尽くされてしまっている」 そんな、服が捨てられないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ...

私は、一ヶ月で500冊以上の本を手放しました。 手放したのは、以下ような本たちです。 ・友人のおすすめで買って、いつか読もうと思っていた小説 ・"かつて"大好きで、何度も読み返したマンガ ・一度読んで ...

「断捨離せずに残したモノ」の中で、自信を持っておすすめできるモノを、厳選してまとめてみました。 以下の3つのポイントに当てはまるモノになります。 ・ミニマリストの私が断捨離せずに残したモノ ・失くして ...

こちらでは、断捨離を効率よくする方法をご紹介します。 「断捨離するものは決まったけど、捨てたり売ったりするのがめんどくさい!」という人はけっこう多いんですよね。 その気持ち、とっても分かります。。。 ...

-断捨離

Copyright© 断捨離で人生がラクになる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.