おすすめアイテム

【鍵まで入る!】アブラサス『薄い財布クラシック』の使用感レビュー

更新日:

abrasus(アブラサス)の『薄い財布classic(クラシック)』を使い初めて約1年が経ちました。

使っているうちに、メリットやデメリットがわかったのでレビューしていきたいと思います。

「薄い財布を買おうか迷っている」という人は参考にして頂けると幸いです。

興味のある方はぜひ最後までご覧ください。




abrAsus(アブラサス)『薄い財布classic(クラシック)』の使用感レビュー!1年使ってみた感想

こちらでは、abrasus(アブラサス)の『薄い財布classic(クラシック)』を1年使ってみて分かったことを、写真付きで紹介していきます。

『薄い財布』の使用感① とにかく薄い!財布をバッグやケツポケに入れやすい


(写真右は友人の財布)

商品名が『薄い財布』なので当たり前ですが、実際に使ってみると薄さに感動します。

薄いと何が良いかというと、バッグやケツポケなどに収納しやすいんですよね。

私は普段は財布をリュックに入れているのですが、たまに手ぶらで散歩する時はポケットに入れやすくて便利です。

また、物をたくさん持ち歩く女性の方など、バッグのスペースに余裕がないと感じている人にはぴったりだと思います。

『薄い財布』の使用感② 手に馴染む丁度良いサイズ感が最高に使いやすい

使ってみて感じたのが、サイズ感が丁度いいため手に馴染んで使いやすいこと。

大きめの長財布などは、片手では収まらずにうっかり落としてしまいそうになることがあると思います。

しかし、『薄い財布』は丁度良い大きさのため、落としそうになることが無いんですよね。

取り出しやすいサイズ感なので、PASMOやsuicaをよく使う人は、財布に入れておくとそのまま使えて便利だと思います。

『薄い財布』の使用感③ カードは4枚以上入れておけば落ちることはない

買う前はカードが落ちる気がして不安だったのですが、4枚以上のカードを入れておけば落ちることがありませんでした。

最低限のカードを持ち歩くようにすれば、4〜5枚ほどになるはずなので丁度良いですね。

この財布のデメリットなんですが、全てのカードを一つのポケットに入れるので、特定のカードを取り出したいときに全てのカードを出さないといけません。

でも、カードを出すのに慣れると全く気にならなくなるので、そこまで問題ではないはずです。

『薄い財布』の使用感④ 小銭入れは最初は使いにくいけど、慣れるとむしろ使いやすい

『薄い財布』の小銭を入れるポケットは、特殊な形をしているため最初は使いにくいと感じると思います。

しかし、1ヶ月くらい使ってみると、財布の扱い方にも慣れて、むしろ使いやすくなると思います。

なぜなら、小銭が一列に並ぶように設計されているので、必要な小銭を取り出しやすいんですよね。

ちなみに、『薄い財布』の小銭ポケットには、999円がぴったり入るようになっています。

『薄い財布』の使用感⑤ 最大のメリットは鍵を収納するポケットがあるところ

実際に『薄い財布』を買って良かったと思う最大のポイントは、「鍵を収納するポケット」があるというところです。

『薄い財布』を使う前は、キーケースに入れて鍵を持ち歩いていたんですが、この財布に変えてからキーケースを持つ必要がなくなりました。

つまり、少しだけ身軽になれたということです。

「キーケースを持ち歩くかどうかってそんなに違いがないんじゃない?」と思うかもしれません。

でも、自分にとっては、持ち歩くものが一つ減るということは、とても大きい変化でした。

ただ一つだけ注意してほしいのは、鍵のポケットはそれはど大きくないので、車のキーなど大きめの鍵は多分入らないということです。

ですので、基本的には家の鍵を入れるポケットだと考えてもらえればいいと思います。

『薄い財布classic(クラシック)』と普通のバージョンの違いは何?

こちらでは、『薄い財布classic(クラシック)』と普通のバージョンの『薄い財布』がどう違うのかについて説明いたします。

結論から申しますと、違うのは「革の素材」と「価格」です。

財布のデザインは全く同じなので、革の好みやお財布事情で選ぶと良いでしょう。

『薄い財布classic(クラシック)』の革の質感はどんな感じ?

普通の『薄い財布』と『薄い財布classic(クラシック)』では、革の素材の名前から違います。

具体的な素材の名前は次のようになります。

・普通の『薄い財布』→牛革エンボス加工
・『薄い財布classic(クラシック)』→国産アンティックガラス牛革

簡単にご説明しますと、普通の『薄い財布』の質感はザラザラなのに対し、『薄い財布classic(クラシック)』の表面はツルツルです。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、画像で比較すると次のようになります。


(参考:『abrAsus』公式サイト)

画像左の普通のバージョンの『薄い財布』には、表面に凹凸があるのが分かると思います。

対して、『薄い財布classic(クラシック)』は、牛革が滑らかに加工されています。

どちらを選ぶのかは完全に好みですね。

私はツルツルのほうが好きなので、クラシックを選んだのですが後悔してません。

『薄い財布classic(クラシック)』と普通のバージョンの価格の違いは?

価格を比較すると、『薄い財布classic(クラシック)』は普通のバージョンと比べて少し高価です。

具体的な価格は次のようになります。

・普通の『薄い財布』→14,950円(税込)
・『薄い財布classic(クラシック)』→16,200円(税込)

価格の差を考えると、『薄い財布classic(クラシック)』は普通のバージョンと比べて1250円高いですね。

特に素材のこだわりがない人や、ザラザラな手触りのほうが好きな人はスタンダードの『薄い財布』を選ぶといいかと思います。

長く使いたいつもりの人や、表面がツルツルのほうが好きな人は、ちょっと高いけどクラシックを買うのがいいと思います。

まとめ:『薄い財布classic(クラシック)』は最高の財布でした

『薄い財布classic(クラシック)』を買ったのは正解だったと思ってます。

もし失くしてしまったとしても、また同じのを買うつもりです。

私はクラシックを選びましたが、他にも様々なシリーズがあるので、ぜひこちら『abrAsus』公式サイトを見てみてください。

また、こちらでは「ミニマリストにおすすめの薄い財布ブランド」を紹介しているので、ミニマリズムや断捨離に興味がある人に参考にして頂けると幸いです。

〜厳選おすすめ記事〜

こちらでは、断捨離を成功させる順番とコツについてご紹介します。 「断捨離に挑戦してみたけど進まない」 「どこから断捨離していいか分からない」 そんな悩みをお持ちの方はいませんか? 持ち物がたくさんある ...

「服が多すぎてクローゼットに入りきらない」 「ファッションが好きで服が捨てられない」 「床が服に埋め尽くされてしまっている」 そんな、服が捨てられないという悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ...

私は、一ヶ月で500冊以上の本を手放しました。 手放したのは、以下ような本たちです。 ・友人のおすすめで買って、いつか読もうと思っていた小説 ・"かつて"大好きで、何度も読み返したマンガ ・一度読んで ...

「断捨離せずに残したモノ」の中で、自信を持っておすすめできるモノを、厳選してまとめてみました。 以下の3つのポイントに当てはまるモノになります。 ・ミニマリストの私が断捨離せずに残したモノ ・失くして ...

こちらでは、断捨離を効率よくする方法をご紹介します。 「断捨離するものは決まったけど、捨てたり売ったりするのがめんどくさい!」という人はけっこう多いんですよね。 その気持ち、とっても分かります。。。 ...

-おすすめアイテム

Copyright© 断捨離で人生がラクになる , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.